BPh

オンライン・フェスティバル第2回配信、クルト・ヴァイルの交響曲2番など

「黄金の20年代」第2弾。プログラムは、前回も演奏されたクルト・ヴァイルの交響曲に、ドイツの音楽大学に名前を遺すハンス・アイスラーの作品だ。

ペトレンコ指揮、ストラヴィンスキーの『エディプス王』とクルト・ヴァイルの交響曲

欧州の情勢は相変わらず厳しく、ベルリンフィルハーモニーも閉鎖されたまま。今回の配信から「オンライン・フェスティバル」と題し、複数の演奏会が配信前提で行われる。

ペトレンコ指揮、刺激的な作品3曲

珍しく金曜深夜の配信、日本時間では土曜日の配信になった今回の配信。 久しぶりに時間通りの視聴ができてありがたい。

ダニエーレ・ガッティ指揮によるロシア近現代プログラム

最近の生活リズムからすると、どうやら配信時に視聴することが難しく、アーカイブ入り後の投稿になってしまいそうだ。今回もその流れで、アーカイブ入りを待つ形になった。 (2021/01/23)*1 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ダニエーレ・ガッティ イゴー…

2021年、最初の配信はペトレンコ指揮《フランチェスカ・ダ・リミニ》

2021年最初のこの回は、当初、ラフマニノフのオペラ《フランチェスカ・ダ・リミニ》の演奏会形式だった。時節柄やっぱり無理か、という思いでいるが、この変更はなかなか大胆だと感じた。 題材は同じだが形態は全然違う。おもしろい。

ベルリンフィルのジルヴェスターコンサート2020

明けましておめでとうございます!今年も当ブログ『ぽんぽこ日記』をよろしくお願いいたします。新年初投稿ですが、今回は昨日行われた大晦日コンサートの配信について。

再登場、ネルソンス指揮の《運命》とリストのピアノ協奏曲第2番

前回が《運命》だと思っていたのだが《巨人》で、今回が《運命》だった。指揮はまたもネルソンス。ド直球のプログラムだ。

楽聖の生誕250年!「クローズアップ・ベートーヴェン」が配信中

今日は楽聖ベートーヴェンの250回目の誕生日だと言われている日。 デジタルコンサートホールでは「クローズアップ・ベートーヴェン」と題して、室内楽曲を一気に演奏するプロジェクトが配信中だ。17日まで。*1 *1:デジタル・コンサートホールには一部有料の…

ネルソンス指揮、マーラーの交響曲第1番「巨人」

今回の配信、当初はベートーヴェンの5番と発表されていたのだが、どういう訳かマーラーの《巨人》交響曲に。マーラーは今シーズン初ではないだろうか。現代を代表する指揮者のひとり、ネルソンスの登場にも期待が高まる。

アルティノグリュ指揮のフランスプロ、フィルハーモニー閉鎖は延長

今回の配信は久しぶりに聴衆をいれてのコンサートとなるはずであったが、ベルリンフィルハーモニーの閉鎖は12月31日まで延長された。 www.berliner-philharmoniker.de 依然として欧州の感染状況は厳しいものがあるようで、この演奏会も二転三転したようだ。

バレンボイム指揮、パユによるフルート協奏曲と幻想交響曲

当初の発表通りであれば、今回で無観客演奏会は最後になる。ソリストは先週に続きパユ。この方はかえって忙しくなったのではないだろうか。

ベルリンフィル団員による金管と打楽器のアンサンブル

今回の配信は金管楽器と打楽器によるアンサンブル。前回のショスタコーヴィチと同様、急遽プログラムに入ってきた演奏だ。

ショスタコーヴィチ:交響曲第8番の無観客演奏会

11月2日から閉鎖しているベルリンフィルハーモニーホール。この演奏は、デジタル・コンサートホールでの配信のために企画され、無観客で行われたもの。豊富な映像資源を持つベルリンフィルにしては珍しい取り組みだ。

首席指揮者ペトレンコの登場、そしてフィルハーモニー閉鎖

デジタルコンサートホールの配信では9月以来となる、ペトレンコ登場。10月の間も濃ゆ~い指揮者たちがそれぞれの個性を発揮して楽しかったが、やはりこの首席指揮者が出てくるとワクワクするものがある。録音も映像もあんまり無いからね。

現代の巨匠 バレンボイムによる「わが祖国」

このプログラム、本当に演奏するのかな?って思ってた。バレンボイムによる《わが祖国》。大きなプログラムだ。

PrimeSeat、やるではないか

BPh

またしても…ベルリンフィルのライブ配信が無料で楽しめるサービスが出てきた。 「PrimeSeat」というハイレゾ音源配信サービスだ。 IIJのハイレゾ・ストリーミングサービス「PrimeSeat」では、今シーズンもベルリン・フィルのハイレゾ・ライブ配信を行います…

珍しい《プロメテウスの創造物》全曲版

(2020/10/18)*1 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団マルク・ミンコフスキ ヨーゼフ・ハイドン交響曲第59番イ長調《火》 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンバレエ音楽《プロメテウスの創造物》 *1:デジタル・コンサートホールには一部有料のコンテンツ…

フランソワ=グザヴィエ・ロトによる“全世紀”プログラム

(2020/10/11)*1 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団フランソワ=グザヴィエ・ロト カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ交響曲ニ長調 Wq 183-1 パウル・ヒンデミットヴィオラ協奏曲《白鳥を焼く男》タベア・ツィンマーマン(ヴィオラ) ベラ・バルトーク…

ヴァイオリン協奏曲とヴァイオリン無しの曲

今回のベルリンフィル、デジタルコンサートホール配信は言わずと知れた名曲、ブルッフの協奏曲にブラームスのセレナーデ。 大編成が難しい時勢とはいえ魅力的なプログラムだ。

若手2人のベルリンフィルデビュー

個人的事情からけっこう楽しみにしていた演奏会。同世代2人のベルリンフィルデビューだ。もっとも、歳が近いというだけで、2人ともキャリアの充実期にあたる演奏家。こちらが勝手にシンパシーを感じているだけなのだけれど。 どうでもいいが、サーバ設定を書…

ベルリンフィルとペトレンコがとにかく凄い

(2020/9/20)*1 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団キリル・ペトレンコ アルバン・ベルクヴァイオリン協奏曲《ある天使の思い出に》フランク・ペーター・ツィンマーマン(ヴァイオリン) アントニン・ドヴォルザーク交響曲第5番ヘ長調 *1:デジタル・コンサート…

空飛ぶ指揮者

(2020/9/14)*1 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ダニエル・ハーディング アルバン・ベルク弦楽オーケストラのための《抒情組曲》から3つの楽章 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン交響曲第6番ヘ長調《田園》 *1:デジタル・コンサートホールには一部…

シーズン2回目はシブめの選曲

(2020/9/2)*1 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団キリル・ペトレンコ ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンピアノ協奏曲第3番ハ短調ダニール・トリフォノフ(ピアノ) フェリックス・メンデルスゾーン交響曲第1番ハ短調 *1:デジタル・コンサートホールには一…

ベルリンフィルの2020/21年シーズンが開幕しましたね

ベルリンフィルの2020/21年シーズンが開幕した。 日本時間本日20時から、ペトレンコ指揮によるベルリン・フィルの2020/21年シーズン開幕演奏会を時間差再配信します。演目は、シェーンベルク《浄夜》とブラームスの交響曲第4番。ベルリン・フィルが聴衆を入…