「STICK CONTROL」p.34~p.37

【練習メニュー】

  1. 音作り

  2. 「STICK CONTROL」よりp.34~p.37

f:id:komaecityshimizu:20201030171352j:plain

あともう少し!右側が薄くなってきた

この項は「Flam Triplets and Dotted Notes」。

ここでは、

  1. 三連符
  2. 付点八分音符+16分音符
  3. 八分音符

この3つのリズムにフラムが付いたパターンを集中的に練習する。

フラムがあることで、手順がけっこう複雑になっているのが分かると思う。

 

更に、三連符には3つの手順がある。

フラムアクセント(交互)、スイスアーミートリプレット(ダブルストロークが重なる)、一拍ずつ交互。

各々に利点があるが、ここではどれも均等に演奏できるように取り組みたい。

特にスイスアーミートリプレットは速くなりやすいので注意が必要だ。

 

No.7の注釈に大事なことが書いてある。p.34の下部だ。

 

「三連符」と「付点八分音符+16分音符」の組み合わせでは、16分音符が三連符のようになってしまわないように。

 

この組み合わせが曖昧になってしまうと、音楽の性格そのものが変わってしまう。

例えば、スウィングする時には両方とも三連符にする(テンポによるが)

逆に、譜面通りのケースだと、ブルックナーの第六交響曲のような音楽で使われる。

このくらい違う。

あと有名なところだと、ジブリ作品の「さんぽ」という曲があって、スネアのパターンがこれ。装飾が入んなくて誰もが苦戦する難関だ。散歩どころではない。

 

で、この注釈が重要なわけなんだけど、如何にして三連符からの変化を見せるか。

いくつか方法はあって、ひとつは16分音符→三連符の間で変化するのを意識すること。

正しく演奏できていれば、ここで「タラッ」という感じの音型が聴こえるはずだ。

そしてもうひとつ。「16分音符をきちんと4つ数える」。

カウントを速くする手法だ。その気になれば意外と数えられる。

 

他にもトレーニング方法はある。ただ大切なのは、選んだ方法をひたすらやってみること。

この項の後半は単純に手順が逆転したパターンになってる。大方の教則本では省略するところだが、こういうとこからも、とにかく全部やりなさいというメッセージを感じるのだ。

 

 

  

さんぽ-オープニング主題歌-

さんぽ-オープニング主題歌-

  • 発売日: 2014/06/27
  • メディア: MP3 ダウンロード