「The All-American Drummer」No.26~No.30

最近どんどん寒くなってきている。 

寒いと練習前に身体を温める時間が必要だ。ケガをしないように注意したいところ。

 

今回は「クロス・スティック」というスティックを打ち合わせるギミックが出てくる。

この曲集も、初めに出てくるテクニックは比較的やさしい曲で登場するようだ。

 

 

No.26

つかうテクニックは既出のものだが、4小節目~5小節目の左手4連発(最後にアクセント)で詰まらないように注意したい。

No.27

スティックを打ち合わせる「クロス・スティック」が登場する。ここではそんなに大変ではないけど、打面に戻った時にテンポが揺れないようにしたい。 

No.28

シングルドラッグを多用する曲。シングルドラッグは、装飾スタートで練習すると理解が速い。

No.29

冒頭の10ストロークロールが基本の形になっていて、短くなって6ストロークロール。6ストロークロールは左右反転もあるので注意だ。

No.30

ダブルパラディドルで拍子がブレイクする。ここは気をつけるとして、手順が交互に戻った時に音が揃うように。

今回のまとめ

自分のクセとして、応用的な内容から基礎的な動きに戻る際に緩みがあるようだ。

これは難しい曲をやらないと気付かない部分。練習しよう。

 

 

Pearl トレーニングドラム スタンド付 SD-20

Pearl トレーニングドラム スタンド付 SD-20

  • メディア: エレクトロニクス