「The All-American Drummer」No.31~No.35

今度は頭痛で進みが遅れてしまった。あと、喉…。乾燥には注意しないと。

加えて、内容的にもかなり難しかった。

ここからは再度8分の6拍子。手順がだいぶ複雑になってきている。 

 

 

No.31

全体に手数が少ないが、5小節目の7つ打ちはかなり速いので注意。 

No.32

ダブルストロークで16分音符を演奏する際、音が揃うように気をつけよう。 

No.33

これはかなり難しい、そして長い。テンポをゆっくりにするのと、初めはストロークを小さくして徐々に慣れよう。 

No.34

後半の3回繰り返すパターン、手順がかなり不自然になる。3回同じように演奏するためにはトレーニングが必要だ。 

No.35

速い連符の最後にアクセントが付くパターンが非常に難しい。どこで手が上がるとやりやすいのか、確かめながら練習したい。 

今回のまとめ

内容によってテンポを大きく変えることが必要になってきた。全部同じテンポで演奏しようとすると無理が生じる。とはいえ、最終的には揃えていきたい。 

 

Pearl トレーニングドラム スタンド付 SD-20

Pearl トレーニングドラム スタンド付 SD-20

  • メディア: エレクトロニクス