「The All-American Drummer」No.36~No.40

もうすぐ仕事が締まって休みに入る。 

とはいえ、出かけることも難しいので、練習が進みそうだ。

年内はどこまで進めるだろう。

 

No.36

ダブルドラッグ、 ラタマキューの変形を使う複雑な曲だが、11小節目のアクセントが意外と一番厄介だったりする。

No.37

ダブルストロークの応用編。この曲はゆっくりからかなり速くできるようにしておくと、ロールが安定するだろう。

No.38

休符の多いパターン。休符の前は音楽的にキメになるので、しっかり叩こう。 

No.39

右で叩きながら左手を上げる、その逆、というギミックが登場する。上げた時に手が遊んでしまいがちなので、これはトレーニングしよう。

No.40

ダブルラタマキューと、ダブルパラディドルの変形。この曲は速く演奏するのが難しいので、時間をかけて練習したい。 

今回のまとめ

この辺になってくると、メトロノームを使っての練習の前に手順を入れておく時間が多くなってくる。順番通り演奏できるようにする→より正確に、という段階をきちんと踏むことが大事なようだ。 

 

Pearl トレーニングドラム スタンド付 SD-20

Pearl トレーニングドラム スタンド付 SD-20

  • メディア: エレクトロニクス