「The All-American Drummer」No.56~No.60

することが無いので、練習ばかりしている。 

今はそういう時期なのだろう。

近所の美術館で見たい展示がやっているのだけど、休みの日に行くのは気が引けてしまう。

平日なんとかならないだろうか。ならないな。

 

 

No.56

冒頭はスピードの違う5つ打ち、キレイに揃えたい。最後2小節のアクセント移動は振り上げをコントロールしよう。 

No.57

装飾音符の多い曲。同時打ちにならないように丁寧にさらおう。 

No.58

ダブルストロークの連続だが、止まるところが変化する。この曲は何度も練習しておくと、コントロールが鍛えられそうだ。 

No.59

ラタマキューを駆使する曲。様々なパターンがあるので、ラタマキューの練習と割り切ってたくさん練習しよう。

No.60

あれ、なんてことない?と思ってしまいそうだが、ここでは久しぶりにフルストロークのアクセントが出てくる。これをダウンにしてしまうと、後々ルーディメンツをさらい直すことになるので、ストロークを曖昧にせず練習しておきたい。 

今回のまとめ

寒いせいかウォーミングアップに時間がかかるようになった。 

具体的には、最初の休憩まで「なんか調子出ないな~」という感じだ。

今の方法だとそういう時間が必要なのだろう。自分の状態をよく見ながら、進めたいと思う。 

 

Pearl トレーニングドラム スタンド付 SD-20

Pearl トレーニングドラム スタンド付 SD-20

  • メディア: エレクトロニクス