「The All-American Drummer」No.106~No.110

他の教則本に取り組んでいたら、そっちが面白くなってずっとやっていた。

超久々の更新。キャラクターが変わってないといいのだけれど。 

 

No.106

軽めの振り方にすると、装飾音符がコントロールできて演奏しやすい感じ。

No.107

冒頭のパターンは意外と苦労しないが、全体にアクセントの位置にクセがあるので、しっくりくるように演奏したい。アクセント以外は音小さめが良さそう。 

No.108

各ロールの組み合わせ。ゆっくり演奏する方が難しいがトレーニングにはなる。

No.109

私の苦手な「レッスン25」の応用。左手の変化が早く、苦手なのはそれが理由だと思う。頑張りましょう。 

No.110

特別なストロークは使わないけど、アクセントの位置と手順でややこしくなっている曲。見た目より難しい。こういう手順がブレイクするパターンは取り組んでおくと合奏に応用できるようになるだろう。 

今回のまとめ

他の本を練習した結果、全米太鼓人も演奏しやすくなった気がする。

練習には変化をつける方法もあるということが分かった。