「The All-American Drummer」No.101~No.105

100曲めを通り過ぎて気が抜けたのか、またも間隔が空いての投稿に。

達成感は特になかったのだけど、なんだか遅れてしまった。 

多くの人と同じく、連休に外出の予定が全くない。たくさん練習したいと思う。

ここからは意外にもロールを使わない曲が出てくるので、ちょっと基礎を見直したりした、投稿の遅れにはそういう事情もあった。

定期的に難易度が下がり、基礎を怠らないように書かれている。さすが名エチュードといった構成だ。 

 

No.101

シングルストロークのみの曲。ストローク速度の変化に気をつけよう。

No.102

3連符系のパターンから16分音符に変わる少し厄介な曲。慣れよう。

No.103

32分音符が目につくが、パラディドルのアクセント移動が入っているので、こちらにも注意したい。 

No.104

ラフとシンコペーションの組み合わせ。正確さを追求すると良い練習になりそう。

No.105

苦手なスティックビートが登場。打感が変わる中でテンポをキープできるようにしたい。 

今回のまとめ

連休は全く予定が無いものの、どこまで進めるか。

終わりが見えるくらいまで進めたらと思う。