「The All-American Drummer」No.145~No.147

 

No.145

ラタマキューが随所に登場する。パラディドルとアクセントの位置が異なり、パターンに入るストロークが変わるので注意したいところ。

No.146

後半部分の一度だけ出てくるフラムアクセント。ここで手が止まってしまう場合、前の部分を脱力できているかチェックしたい。グリップも少し変わるので、動かしやすい状態になっているか確かめよう。ここまで来て止まるとつらいので対策が必要だ。

No.147

冒頭のロールは13ストロークなので、16分音符が入る形だ。途中のロングロールも手順が書いてあるので16分音符。32分のパターンもあるので、きっちり入るようにトレーニングしていきたい。

今回のまとめ

次で最後!年内にはアップしたいと思う。