「STICK CONTROL」p.30~p.33

【練習メニュー】

  1. 音作り、ティンパニ2台での移動

  2. 「STICK CONTROL」よりp.30~p.33

f:id:komaecityshimizu:20201028181059j:plain

今日は2台を使用


平日だが時間が捻出できたので、基礎練習をしっかりと。

なんだろう、この練習終わったら日が沈んでる感じ…部活? 部活なのか?

とにかく、こうして週末以外にも練習できると間隔が詰まり、状態がキープされて調子が良い。週末だけだと最低5日空く。仕事との兼ね合いは常に課題だ。

 

スティックコントロール、ここは「Combinations」。

何と、何のだ、と思うが、これは前項とつながっていて、シングルストロークとショートロールのコンビネーションだ。

ショートロール部分は三連符と32分音符のパターンがあり、シングル、ダブル、クローズドロールのつなげる方と切る方。

 

32分音符があるので、メトローノームは8分音符の長さに設定しよう。

けっこう遅いテンポになるが、ここは8分音符で取ってしっかり練習したい。

今回は3/8拍子が先、2/4が後、という風に書かれているので、このことからも8分音符が主になることが想像される。

4分音符でテンポを取ろうとすると、3/8拍子の方が難しいからだ。

 

この順番からは、スティックコントロールの考える難易度の基準も、なんとなく察することができる。

2/4拍子はシングルストロークからショートロールへの変化が早い。

具体的には8分音符ひとつ分、早い。

グリップ変化の多い方が難しい、そういう考え方なんだろうと思う。合理的だ。

 

正直なところ「Short Rolls」の部分をしっかり練習してあれば、少し物足りなさを感じるかもしれない。でも敢えてゆっくりから練習しておこう。

ここのパターンは、難易度の高いエチュードでも頻繁に登場するからだ。

その時はもちろん超高速で演奏することになる。装飾音符とかも入ってくるしppだったりする…。そしてそれがカッコよかったりする。

いざ、と言う時のために徐々に速くしていこう。

 

 

Stick Control for the Snare Drummer

Stick Control for the Snare Drummer